白山社めぐり(115)「白山神社(岐阜県)」をご紹介いたします。

白山信仰と白山比咩神社

白山神社(岐阜県)

白山神社(岐阜県)
鎮座地岐阜県岐阜市福富2011番地の1
御祭神白山姫命
例祭日4月第1土曜 旧大祭 4月10日
氏子数58戸
宮 司宮本仙翁

由 緒

天然記念物「杉」 当社は郡誌によると、「往昔貴洞に鎮座するを、弘安元年(1278)社殿を再建し現地に遷座す。土岐頼兼は当社を崇敬し、元応元年(1319) に菊地右膳という祢宜を置く。明治5年(1872)村社に列し、明治41年供進指定神社となれり」と記されています。
鵜飼で名高い長良川の岐阜市、山々が重なる上流に鎮座しております。昼でも鬱蒼と樹木が生い茂り、境内には県指定の天然記念物「杉」の大木があります。また本殿近くの参道脇にこんこんと御神水が湧き出で、白山塚なる土盛を有し、見るからに古社の様相が伺えます。
本殿の裏山には、岩石がそそり立ち、屏風岩を思わせる風光名美な情景で、ここより本宮である霊峰白山を拝み見る事ができます。古来より崇敬者はこの社を通じ遙拝をしたのではないでしょうか。
道程は、JR岐阜駅前より三輪釈迦行きのバスで福富口停留所バス停にて下車。西へ徒歩10分程。
三光アルミ工場前より神社参道となります。
ぜひお近くにお立ち寄りの際、どうぞご参拝ください。