白山社めぐり(124)「白山神社(東京都)」をご紹介いたします。

白山信仰と白山比咩神社

白山神社(東京都)

鎮座地東京都大田区東嶺町31番17号
御祭神菊理媛命、伊弉那岐命、伊弉那美命
例祭日9月第1土・日曜日
氏子数3,400戸
奉賛会員550名
宮 司松本 淳

由 緒

当白山神社は、創立年代は不明ですが、寛文年間の創建と伝えられます。古来「女体権現社」として祀られ、明治期に白山神社に改称されました。「新編武蔵風土記稿」にも祭礼日9月4日の記載があり、かなり古くから地域の氏神様として尊崇の念を集めていたと考えられます。
東京都大田区を、くの字に南北に走る東急池上線の久が原駅から徒歩数分。商店街を通り抜けた環状8号線沿いに鎮座しています。 社殿は大正期の木造瓦葺。一間×一間の本殿(幣殿内)と三間×二間の拝殿からなります。 境内には樹齢600年のタブの木があり、大田区保存樹に指定されています。
祭礼を始めとする様々な年中行事では、奉賛会、氏子青年会が汗を流し、氏子教化に努めています。 近年は本宮正式参拝旅行や白山登拝も実施しており、本宮との御縁も一層深まっています。