白山比咩神社に関する平成30年のお知らせを掲載しています。

お知らせ

お知らせ

平成30年のお知らせ一覧

掲載月お知らせの内容
平成30年9月【9月29日開催】秋のみそぎ研修会のご案内  new
平成30年9月9、10月の祭典・行事のご案内  new
平成30年9月平成30年 七五三詣のご案内  new
平成30年5月第69回 白山比咩神社境内写生大会 作品募集のご案内
平成30年5月昇殿参拝とみそぎ体験のご案内(白山市観光連盟主催)
平成30年5月白山茶会のご案内
平成30年3月【書籍紹介】 新版加賀野菜 それぞれの物語
平成30年1月銅板奉納のお願い
平成30年1月年頭のご挨拶

お知らせの詳細

平成30年9、10月の祭典・行事のご案内

(平成30年9月)

平成30年9、10月に開かれる祭典・行事です。

9月1日 午前4時半おついたちまいり
9月2日 午前10時白山茶会 奉仕 井奈宗孝社 (〜午後2時)
9月4日第11回白山神社全国大会 霊峰白山のつどい 於:ホテル日航金沢
9月9日 午前6時半ラジオ体操表彰式
9月15日 午前10時月次祭・交通安全祈願祭
9月20日 午前11時敬神婦人会9月総会
9月23日三宮まつり 子ども神輿巡幸
9月25日 午前11時水戸明神秋まつり
9月29日 午後1時秋のみそぎ研修会
9月30日 午後1時45分第69回石川県下学童写生大会入選者奉告祭表彰式
10月1日 午前4時半おついたちまいり
10月6日 午前7時白山まつり・薬師祭
10月7日 午前8時白山まつり 獅子舞奉納
10月7日 午前10時白山茶会 奉仕 堀宗住社中 (〜午後2時)
10月9日白山まつり 浦安の舞・悠久の舞神楽講習会 (〜13日)
10月10日 午前10時禊社常例祭
10月14日 午前11時抜穂祭
10月15日 午前10時月次祭・交通安全祈願祭
10月17日 午前10時神嘗奉祝祭
10月23日 午前10時豊年講秋季大祭 第1日祭
10月23日 午後6時秋季神御衣祭(しゅうきかんみそさい)
10月24日 午前10時豊年講秋季大祭 第2日祭

◆祝祭日には国旗を掲げましょう − 9月17日(敬老の日)/9月23日(秋分の日)/10月8日(体育の日)

祭典・行事に関するお問い合わせは、TEL(076)272-0680 までお願いします。

【9月29日開催】秋のみそぎ研修会のご案内

(平成30年9月)

白山の清らかな伏流水にて“みそぎ”を行い
「心」「身」共に清めて、明日への活力としませんか?

みそぎ風景
目 的 青少年を始め社会人の心身清浄を行い、健全育成を旨とし、
日々の社会奉仕に邁進することに資する。
日 時 平成30年9月29日(土) 半日研修
午後1時受付 → 1時20分参拝 → 1時40分開講式
(4時終了予定)
会 場 白山比咩神社 遊神殿ならびに禊場
対 象 みそぎのできる健康な方、どなたでも参加出来ます。
但し喪中(近親者逝去50日)の方はご遠慮ください。
(当日、参加同意書を記入頂きます)
研修費 半日研修 3,000円 (玉串料含む)
定 員 40名
準備品 ・タオル(体を拭くことができる大きめのもの)
・保険証(写)
・男性は白色ふんどし、女性は白衣
白色ふんどし、白衣をお持ちでない方は事前に購入の
 お申し込みをしてください。研修当日にお渡し致します。
 [男性]白色ふんどし 1,500円
 [女性]白衣  7,000円
※女性用の白衣は下に肌着(キャミソール)やスパッツを着用してもかまいません(柄物は避けてください)。ご不明な点はお問い合わせください。
※白衣は貸出(1,000円)も致しますが、上記のようなインナーを必ず着用してください。
服 装 [男性] スーツ・ネクタイ着用 (開講式、参拝、閉講式)
[女性]それに準ずるもの
締 切 平成30年9月25日(火)

【みそぎ研修会】
・みそぎ研修会は、神社本庁指定の神道行法及び白山比咩神社禊研修要項に基づき指導いたします。
・当社神職が指導いたしますので、初めての方でも安心してご参加ください。
・みそぎ研修会終了後、白山比咩神社修了証を授与致します。
別紙同意書をお読み頂き、署名捺印の上当日必ず持参ください。
 (提出頂けない場合参加をご遠慮頂きます。)

経験者(2回以上修了の方)を対象とし、禊行法指導に代わって禊に関わる座学を実施致します。希望者はお申し込みください。

【お申し込み】
「申し込み用紙(pdf)」をダウンロードし、FAX 076-273-0933にてお申し込みください。
お申込み締切は9月25日(火)です。定員(40名)に達し次第、その時点で締切とさせて頂きます。
また、お電話、Eメール(申し込み用紙に記載)でも受付致します。


[お問い合わせ先] 白山比咩神社社務所 担当 田中
電話 076-272-0680 FAX 076-273-0933 お問い合わせフォーム

平成30年 七五三詣のご案内

(平成30年9月)

お子様の健やかな成長に感謝し、ご家族おそろいでお詣りしましょう。
本年(平成30年)お祝いされるお子様は次の通りです。

3歳数え年で平成28年生まれの男女児
5歳数え年で平成26年生まれの男児
7歳数え年で平成24年生まれの女児
初穂料(ご祈祷料)お子様お一人につき五千円より

第69回白山比咩神社境内写生大会 作品募集のご案内

(平成30年5月)

子どもたちに絵を描かせてみませんか? きっと思い出となります。

昭和25年より郷土文化の向上及び図工・美術教育の振興に資する目的を以て、毎年神社境内を中心に催されております。私たちのふるさとの山「霊峰白山」の絵も募集しています。

境内写生風景
募集期間平成30年4月21日(土)〜9月9日(日) ※最終日は正午まで
対  象幼稚園、保育園児、小・中学校生
題  材白山比咩神社境内及び付近一帯
(樹木公園・パーク獅子吼・スカイ獅子吼・古宮公園・舟岡山など)
白山遠望(場所指定なし)
用  紙5ツ切 44.5cm×32cm ※画用紙代 本年は不要
画  材クレヨン、水彩絵の具など自由 ※画板・絵の具セット貸出有り
応募点数一人3点まで(春・夏・秋それぞれ1点ずつ)
提 出 先白山比咩神社社務所
審  査最終日(9月9日) 午後2時半から

写生風景 ◎賞典
特選、準特選 …各学年から1点
秀逸、優良、佳作 …数点

※特選作品は屏風表装の上、神社にて永久保存します。

◎入選者発表
北國新聞紙上に掲載し、はがきにてご連絡いたします。

◎表彰式
9月30日(日) ※参拝後、神社参集殿にて午後1時45分から

◎入選作品展
10月3日(水)〜9日(火)、香林坊大和8階特設会場にて展示いたします。

主 催: 白山比咩神社
後 援: 石川県教育委員会・白山市教育委員会・北國新聞社・北陸放送・北陸鉄道・香林坊大和・ぺんてる
お問い合わせ: 白山比咩神社社務所 担当 田中 (TEL 076-272-0680)

昇殿参拝とみそぎ体験のご案内

(平成30年5月)

本年度も白山市観光連盟主催の禊体験ツアーを実施しています。
禊体験は、清らかな白山伏流水の中で霊峰への感謝の思いをはせる人気のツアーです。
今年は新たに海外からの誘客増加へ、通訳の配置やチラシに英語表記を加えるなど、外国人の受け入れ態勢を充実させています。

みそぎ風景
日 程 4月14日(土)・28日(土)
5月13日(日)、26日(土)
6月10日(日)、24日(日)
7月14日(土)、22日(日)
8月4日(土)、18日(土)
9月15日(土)、30日(日)
10月14日(日)、28日(日)
11月10日(土)、17日(土)
時 間 14時10分〜16時45分(約2時間35分)
料 金 3,000円/人
別途、装束の料金が必要(お持ちでない方)
男性:白色ふんどし1,500円
女性:白衣7,000円(レンタル1,000円)

[お申し込み・お問い合わせ]
(一社)白山市観光連盟 TEL 076-259-5893

白山茶会のご案内

(平成30年5月)
白山茶会

毎月の第1日曜日に県内の各社中のご奉仕により「白山茶会」を開催しています。石川県内の銘菓とお抹茶でおもてなしをします。どうぞ気軽にお茶を楽しみください。

時 間午前10時から午後2時まで
場 所遊神殿受付ロビー
奉仕日 5月13日奉仕 寺林宗孝社中
6月3日奉仕 金丸宗芳社中
7月8日奉仕 金沢大学茶道部
8月5日奉仕 野々市中学校茶道部
9月2日奉仕 井奈宗孝社
10月7日奉仕 堀宗住社中

【書籍紹介】 新版加賀野菜 それぞれの物語

(平成30年3月)
新版加賀野菜 それぞれの物語

当社崇敬者総代松下良さんが書かれた「新版 加賀野菜 それぞれの物語」が、金沢市農業水産振興課より発刊されました。
松下さんは、家業の松下種苗店を継ぎ、栽培が難しく形もふぞろいな固定種(伝統野菜)が市場から次第に駆逐されていくことに危機感をいだき、生産者や流通関係者などに呼びかけ、今日ある「加賀野菜」ブランドを確立された功労者であります。
加賀野菜と共に歩んだ30年の軌跡を、ぜひご一読頂ければと存じます。
この書籍は非売品のため、金沢市のHPでご覧になることができます。

銅板奉納のお願い

(平成30年1月)

当神社のご本殿並びに幣拝殿等は昭和57年に移設増築以来、約40年近くを数えようとしております。
長年の風雪に耐えてまいりましたが、近年、酸性雨等により各所お屋根の銅板に損傷が見られるようになってまいりました。
今後、順次にお屋根の葺き替え工事を計画し、神域の整備と益々の御神徳の発揚を図りたく存じております。
つきましては、皆様の御篤志を以て、下記により銅板のご奉納を賜りたくお願いを申し上げます。

銅板奉納 一口 壱千円
※一口以上をお願い申し上げます。
設置箇所 神門付近・遊神殿ロビー
申し込み方法 備え付けの封筒にご住所お名前をご記入いただき志納箱へお納めください。
尚、銅板には口数分のお名前をご記入ください。
郵送お申し込みの場合は代筆致します。
銅板記入台本殿から幣拝殿などを空撮

年頭のご挨拶

(平成30年1月)

宮司  村山 和臣

宮司  村山 和臣 新年あけましておめでとうございます。
平成30年の初春を迎え、御皇室のご安泰と世界の平和をお祈りし、併せて氏子崇敬者各位の弥益々のご多幸を心よりご祈念申し上げます。
昨年は、霊峰白山が開山されてちょうど1300年の佳節を迎え、記念事業では6月24日にアルピニスト野口健氏による「未来につなぐ霊峰白山〜山・川・水〜」と題した記念講演を開催、7月1日の白山夏山開山祭に併せ室堂平の白山奥宮祈祷殿・社務所竣工奉告祭を、7月18日の奥宮大祭には奥宮祈祷殿に於いて「白山開山1300年奉祝奥宮祭」、8月9日から11日には本宮で「白山開山1300年奉祝大祭」を催行、氏子による提灯行列や岐阜、福井、富山を始めて全国白山神社の芸能奉納などが行われました。
また3月13日には、護衛艦「かが」の艦内神社に、当社の御分霊を奉斎、7月16日には護衛艦「かが」の遠藤艦長以下幹部乗組員50名の御礼参拝がありました。
おめでたい時におめでたい慶事が重なり、役員・総代・職員共々の喜びでありました。

「戊戌」 本年の干支は「戊戌(つちのえいぬ)」歳であります。
戊(ぼ)」は、もともと「茂(ぼう)」(しげるの意)をその語源とし、草木が繁茂して盛大となった状態を表しております。
戌(じゆう)」は、「滅(めつ)」(ほろぶ・切る意)で、草木が成熟し、その役目を終え、次の春の準備に入るという意味になります。
したがって本年は、五行説でいう「土」同士の組み合わせであり、同じ性質の組み合わせを「比和(ひわ)」と言い「勢いが増す」と言われ、政治・経済共に成果が表れる年だといえます。
動物では「」にあたり、忠実で利口、また安産にも例えられます。
本年は、明治維新150年を迎えます。 そして明年は、今上陛下が4月30日に御譲位され、翌5月1日には皇太子殿下が御即位されます。
愈々、御皇室の御安寧と弥栄を心よりお祈り申し上げますと共に、氏子崇敬者各位もこぞってお祝い申し上げましょう。

【平成29年12月1日 発売】 「家庭画報」平成30年新年号

(平成29年12月)
家庭画報

開山1300年霊峰白山「白山比咩神社」の感謝と祈り

雑誌「家庭画報」に白山開山1300年特集で、霊峰白山の1300年の歩みと未来、また当神社の新年の祭事や白山奥宮でのお勤めの様子などを紹介頂きました。
この企画内容は、平成29年の年末年始や8月に斎行された白山開山1300年記念奉祝大祭、白山夏山登山などに密着取材して頂き、一年かけて作製されたものであります。
是非ご一読頂ければ幸いです。