白山比咩神社に関する平成26年のお知らせを掲載しています。

お知らせ

お知らせ

平成26年のお知らせ一覧

掲載月お知らせの内容
平成26年1月年頭のご挨拶
平成26年1月国宝大神社展 福岡展のご案内 (1/15〜3/9)(終了)
平成26年5月【5月29日開催】常田富士男さん記念講演会のお知らせ(終了)

お知らせの詳細

年頭のご挨拶

(平成26年1月)

宮司  村山 和臣

宮司  村山 和臣 新年あけましておめでとうございます。
平成26年の初春を迎え、御皇室のご安泰と世界の平和をお祈りし、併せて氏子崇敬者各位の弥益々のご多幸を心よりご祈念申し上げます。
昨年は「常若(とこわか)」の年でありました。
先ず、5月10日には60年に一度という出雲大社の大遷宮が執り行われ、伊勢の神宮では20年に一度の式年遷宮で、10月2日に内宮、10月5日に外宮で遷御の儀が浄闇の中に斎行されました。
内宮の遷宮ではその時、いづこともなく爽やかな風が吹き、正に神遷りの神秘を感じさせられ、外宮ではわずかながら浄めの雨に感動させられ、古代より厳粛に受け継がれて来た諸祭儀行事が滞りなく行われましたことは国民こぞってお祝い申し上げた次第であります。

「忠」 当地では9月29日に白山スーパー林道に於いて白山市と岐阜県白川村を往復する「白山ウルトラ100キロマラソン」が実施され、約1500名の方々が参加され、本年はいよいよ「白山ジオトレイル」が行われる予定で、白山の恵を五感でふれあう催しが期待されます。
さて、本年は干支で申しますと「甲午(きのえうま)」の年であります。「甲」の字義は草木の種子を蔽う厚皮のことで、種子が発芽するにあたってまだ厚皮を被っている状態を表しています。「午」は草木が繁盛の極地を迎え、折り返しの時期の意味であります。動物では「馬」に例えられ、神聖視されて神社に「神馬」として奉献され、後世では絵馬として奉納されます。
本年も白山比咩大神様の高く尊きご神徳のもと、「駿馬」の如く弥更なるご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

国宝大神社展 福岡展のご案内

(平成26年1月)

※国宝大神社展 福岡展は終了しました。

国宝大神社展 福岡展開催

「国宝大神社展」の福岡展が、1月15日より3月9日まで福岡県の九州国立博物館にて開催されます。昨年春の東京展では、約20万人もの来場者を迎え、好評を博しました。 2月11日からは当社所蔵の「絹本着色白山三社神像」(重文)が展示されます。

目 的 特別展 国宝大神社展
開 催 平成26年1月1日(水)〜3月9日(日)
会 場 九州国立博物館
展 示 「絹本着色白山三社神像」(重文)
2月11日より

【5月29日開催】常田富士男さん記念講演会のお知らせ

(平成26年5月)

※記念講演会は終了しました。

恒例の「崇敬者のつどい」を深緑の香りも清々しい5月29日に開催します。毎月「おついたちまいり」を永年続けておられる特別崇敬者の皆様をご案内して行われ、今年で60回目を迎えます。
本年は記念講演と致しまして、アニメ「まんが日本昔ばなし」にて長年ナレーションを勤められた俳優の常田富士男さんをお招きし、「加賀のむかし話の語り」と題して民話の語りや詩の朗読を加賀一ノ宮敬神婦人会の皆様と共に拝聴致します。 常田さんは昨年金沢ケーブルテレビが制作した加賀能登に伝わる民話を紹介するアニメ番組に出演され、その独特な懐かしい語り口が好評を博しました。
講演では「芋掘り藤五郎」「泰澄の大蛇退治」といった加賀地方に伝わる民話をアニメ映像と共に楽しく拝聴したいと思います。 どなたでも無料にて参加できますので、お誘い合わせの上お申し込み下さい。

常田富士男さん
テーマ加賀のむかし話の語り
「芋掘り藤五郎」「泰澄の大蛇退治」ほか
講 演常田富士男さん
開催日5月29日(木)
時 間開場 12:30  開演 13:00〜14:30
定 員200名
料 金どなたでも無料にて参加できます
入場整理券が必要です
会 場白山比咩神社

[プロフィール]
長野県下高井郡上木島村(現・木島平村)生まれ 77歳
高校卒業後俳優の道に進み、数々の映画やドラマに出演。
アニメ「まんが日本昔ばなし」にて、女優の市原悦子さんと共に、
長年ナレーションを勤められました。
昨年春には、加賀能登の民話を紹介する番組のナレーションを勤め、県内各地に足を運ばれました。