神社に参拝した証として、または願いが叶うように、あるいは厄除けにいただいてくるのが、お札やお守りになります。

ご祈祷・ご参拝

お守り・お札、絵馬

神社に参拝した証として、または願いが叶うように、あるいは厄除けにいただいてくるのが、お守りやお札になります。厄除けや開運招福、交通安全、合格祈願などさまざまなお守り、絵馬を授与しております。

お守り・お札、絵馬は、授与所にてお受け願います。


お守り・お札

昔から、人は石や鏡などを身に付けることで神様の力が働き、災害や危険から身を守ることができると信じてきました。これがいつしかお守りへと変わり、さまざまなお守りが神社で授与されるようになりました。
お守りは、神職がご神前にてお祓いと祈願を済ませたもので、大神さまのご神徳が宿ったものですから、身に付けたり、特定の場所に保管して大切に扱い、年が明けると新しいものを授けてもらうのが望ましいとされています。
祭神の分身というべきお札は、神棚に納めたり、家の中の清浄な場所に貼ります。不浄がかかる場所は避け、お守りと同様に1年経ったら新しいお札を授与してもらい、古いものは境内の納札所に納めて焚き上げするのが基本です。

御守 合格成就守
交通安全守護 交通安全木札守
結び守 幸守
心願成就水晶守 亀甲健康守
白山大權現守 護身刀守

絵馬

絵馬 受験シーズンになると、神社の境内に合格祈願の絵馬が並ぶ風景が見られます。この絵馬は、受験に限らず、家内安全、商売繁盛、縁結びなどの祈願のため、社務所で絵馬札を求め、願い事を書いて奉納します。
絵馬は、奈良時代にはすでに存在しており、もともとは祈願する際、本物の馬を奉納する習慣でしたが、生きた馬は貴重で高価なため、代用品を奉納するようになり、それが板に描いた馬の絵で統一されるようになりました。