白山比咩神社の出来事をつづる「社頭あれこれ(令和2年6月の出来事)」を掲載しています。

社頭あれこれ

社頭あれこれ(令和2年6月の出来事)

【6月6日】御贄講(みにえこう)大祭斎行

6月6日、午前11時より石川県漁業協同組合金沢支所支所運営委員長嶋崎正朗氏を献幣使としてお迎えし、県内各地の漁業関係者約40名参列のもと粛々と執り行われました。
御神前には、能登から加賀までの支所から17匹の大鯛が供えられ、宮司が大漁満足・海上安全を特に大和堆の操業安全を祈願する祝詞を奏上しました。
また、この大祭にのみ奉奏される「大漁神楽」は、全国的にも珍しい神楽であります。

「大漁神楽」奉奏

【6月7日・14日】白山比咩神社・三宮町自警団消防ポンプ新調

6月7日、白山比咩神社・三宮自警団所有の消防ポンプが新調され、自警団員参列のもと、清祓が斎行されました。
6月14日には雨の中放水訓練を行い防火への意識を再確認しました。

初放水の様子